様々な色彩で3Dプリント

今回紹介するのは、様々な色彩でプリントアウトできる3Dプリンター「Stratasys Objet500 Connex3」の紹介動画です。
3Dプリントというと、単色の樹脂(プラスチック)フィラメントを使用して立体物をプリントするというイメージが一般的です。しかし、この「Stratasys Objet500 Connex3」は、1つの立体物に対して様々な色彩でプリントアウトできる3Dプリンターです。

しかも、このプリンターはゴムなどの柔軟性を持った素材をプリントアウトすることができる優れモノ。彩色しながら立体造形ができるので、プリントアウト後の彩色の手間を大きく省くことができ、プロダクトの制作コストを大きく削減することができます。

アーティストやデザイナーにとって制作コストを考えることは大切なことです。自分の作りたいものを造形化するのに、より効率がよく理想に近い造形ができる手法の存在を知っているかどうかが、将来のプロダクトデザイナーに必要な要素となる可能性は高いです。