カーボンファイバーを3Dプリント

今回紹介するのは、世界初のカーボンファイバーをプリントアウトできる3Dプリンター「Mark One」の紹介動画です。
市販され手軽に手に入る3Dプリンターの多くはプラスチック製のフィラメントを使用した3Dプリンターです。しかし、実際には金属やゴム等の様々な素材をプリントアウトする技術が模索されていて、プロダクトデザインの世界に大きな影響を与えようとしています。

カーボンファイバー(炭素繊維)は、軽くて強く耐摩耗性、耐熱性特性という優れた特徴を持っているため、様々なカテゴリーの製品に使われるようになってきています。しかし、製造工程が複雑で加工が難しく高価なため、限定的に使用されるに止まっています。

もしこの Mark One のようにカーボンファイバーが3Dプリントによって加工・製造が可能になるのであれば、大幅なコストダウンが見込まれます。カーボンファイバーという素材が多くのプロダクトで積極的に使用されるようになる可能性を秘めている技術です。