3Dプリントボディの自動車

今回紹介するのは、3Dプリント技術によって自動車を製造するプロジェクトで開発された、3Dプリントされたプラスチック製のボディを持つ自動車「Urbee」の走行テスト動画です。
自動車を製造するには、大きな工場と莫大な投資資金が必要。しかし、3Dプリント技術を活用することによって、安価で手軽に自動車を製造しようとする挑戦するプロジェクトが出てきました。それが「Urbee」プロジェクトで、すでに試験走行まで実現しています。

とはいっても、現段階で100%の部品を3Dプリントしているというわけではありません。この動画は「ボディ」が3Dプリントされたもので、エンジンなどの動力部分はまだ3Dプリントでは実現していません。それでも、ちゃんと走行できている様子が見て取れます。

この「Urbee」プロジェクト、最終的には、3Dプリントアウトした部品・材料のみを100%使用して製造することを目指しています。大量生産と莫大な資金が必要だった自動車製造に、小規模・小ロット・省コストをもたらす可能性を感じさせるプロジェクトです。